デオドラント徹底対策

夏に向けてデオドラント対策を始めよう

デオドラント

夏に向けてデオドラント対策について紹介します。

夏になると脇に汗を沢山かいてしまうので、デオドラント対策をしっかりとしなければいけないと思います。

 

脇のニオイをしっかりと抑えるには、海外製のデオドラント剤が一番効果があります。海外製のデオドラント剤は、日本製のものよりも効き目が強いので、脇のニオイをしっかりと抑えることが出来ます。

 

海外製のデオドラント剤は、ネットのドラッグストアや海外製のコスメを販売しているお店で売っています。海外製のデオドラント剤を脇に塗っておけば、脇のニオイを抑えることが出来ます。

 

日本製のデオドラント剤というのは、脇のニオイを抑えるというよりも、汗のニオイを抑えるくらいの効果しかないので、ワキガのニオイので悩んでいる方にはあまりおすすめ出来ません。

 

ワキガのニオイで悩んでいる方には、海外製のデオドラント剤がおすすめです。海外製のデオドラント剤は、1000円以内で販売していますので、お値段的にもそんなに高くないです。
しかし、日本製でもおすすめできるわきがデオドラントもありますのでコチラを参考にして下さい。わきが対策クリームおすすめランキング決定版

 

それから脇のニオイを抑えるのに効果があるのは、食事制限です。
食事制限というのは、牛肉や豚肉や鶏肉などのお肉類や、牛乳やチーズや生クリームやバターなどの乳製品、白砂糖が沢山付かれているお菓子類や油で揚げているスナック菓子や天ぷらなど、こういった食品を食べないようにすることです。

 

こういった食事を毎日取っていると、体が酸化して風邪を引きやすくなったり病気にもなりますくなります。そして脇のニオイも強くなってしまうのです。

 

なので、脇のニオイを軽減するにはこういった酸化した食事を食べるのではなくて、フレッシュな野菜や果物を豊富に使った食事を食べるようにしたほうが良いです。
新鮮な野菜や果物やアルカリ性なので、毎日新鮮な野菜や果物を食べていると体がアルカリ性に傾いてきて、体臭が少なくなっていきます。

 

それと同時にワキガのニオイも少なくなっていきます。ワキガのニオイを軽減するには、こういったアルカリ性の食品を日々食べるようにしたほうが良いです。

 

それから、肌着もポリエステルやアクリルやナイロンなどの化学繊維ではなくて、綿素材のものを着るようにすると良いです。化学繊維で出来ている肌着は汗の吸収率が悪いので、ワキガのニオイが肌着にこもってしまいます。

 

綿100%の肌着ですと、汗の吸収率が良いのでワキガのニオイが肌着にこもってしまう心配がありません。なので、ワキガの場合は肌着を綿素材にしたほうが良いです♪

 

 

物心ついたころには自分のワキガにコンプレックスを抱くようになり、自分のパーソナリティ形成に少なからず影響していたはずです。

 

思い返せば中学生の頃には、周りの友人たちとは明らかに違うニオイが発せられており、何とも肩身の狭い学生生活を送っていました。

 

当時は思春期真っただ中ですから、異性に自分のニオイを気づかれたくない一心で、ニオイの強いデオドラントスプレーや時には親の香水を吹きかけたりしていたものです。

 

しかし、ニオイに対してニオイでもって誤魔化すというのは、いかがなものでしょうか。
正直言って逆効果で、お互いがくっつくことで妙な化学反応を起こしてしまい、それはそれは不快なニオイを発してしまいます。

 

が、当の本人はそんなことには全く気付くことなく、何なら「よしよし上手くニオイを誤魔化せている」なんて満足感で一杯だったりします。

 

とまあ、自分のニオイというのは、なかなか適切に把握することができないものなのであり、例え把握できたとしても、適切な対策が取りにくいのかもしれません。

 

さて、そんな間違った対策を正しい方向へと導いてくれたのが何を隠そうマイペアレンツ(両親)です。
明らかに違和感のあるニオイを発散させている私に気づいた母が、適切な対策としてワキガクリームなる商品を購入してきてくれたのです。

 

これを使うようになってからというもの、私のワキから放たれていた刺激臭がピタッと止まり、ナチュラルな体臭へと変化していったのです。

 

ワキガクリームには前述のスプレーや香水と違って、ニオイを相殺する効果が秘められているため、最も有効な対策だと言えそうです。

 

しかも、朝塗っておけば日中の間は十分にそのニオイを抑えることができます。
仮にニオイが気になりだしたならば、休み時間などにそっと塗っておけば何の問題もありません。

 

ワキガクリームは非常にコンパクトなので、持ち運びに便利ですし、慣れてくれば周りに気づかれることなく、スムーズに塗布することができるでしょう。

 

ワキガに悩む青少年は意外と多いはずです。
重大なコンプレックスを抱えたり、トラウマを経験する前に適切な対策を早めに講じることが求められます。

 

個人的にはその筆頭がワキガクリームなのであり、本人のみならず、その親御さんにもワキガクリームの存在を知っておいてもらいたいですねえ。

 

思春期の子供たちは、自分のコンプレックスをさらけ出すことに対してかなりの抵抗感を持っているはずです。なので自然な流れで、そっとアドバイスができるような関係性や環境も必要なのかもしれません。

 

 

お風呂に入り忘れたりすると、頭が確実に臭ってくることがあります。
頭皮という場所は汗をかきやすく皮脂が出やすく、濡れている頻度が高いと雑菌が繁殖しやすい場所です。それだけに頭のにおいのケアはかんたんにできればいいと思いますが、最も効果のある方法は、やっぱり洗髪です。

 

裸にならなくてもシャワーで洗髪

頭を洗うとすれば、まず裸になって、シャワーを浴びるということは考えていますか。
通常はそうなのかもしれませんが、服を脱がなくても洗髪だけをすることも考えてみてはどうでしょうか。

 

首元にタオルを巻き付けて、服が濡れないようにします。シャワーを頭にかけてシャンプーをしたら、頭部だけにシャワーが当たるようにして洗い流します。

 

立ったままでできることですし、所要時間は3分程度で済みます。これならにおいが気になったとき、頭だけかんたんに洗って済ませることができますね。

 

外出先でもこの方法を行うことができたら、頭皮の臭い対策としてはかなり有益です。外出先にシャンプーを常に持ち歩くという人は少ないかもしれませんが、頭皮からのにおいを気にしている人であれば、ここまでやってみる価値があるでしょう。

 

その際には水を入れるボトル、タオルなども持っている必要があるでしょう。水を入れるボトルはスプレーボトルにしたほうが、周囲を汚さずぬらさずにシャンプーしやすくなります。

 

具体的にどこでシャンプーすれば良いかですが、例えば人気のないトイレの手洗い場を使ったり、洗面所を借りて利用してみるなどです。

 

 

水が無くてもシャンプーできる

普通のシャンプーを持ち歩くより、現実的な考え方をしてみます。
頭のにおいが気になっているのでシャンプーしたいけど、水がないからシャンプーなんか出来ないと思い込んでいませんか。水がなくてもシャンプーはできる方法があるのです。

 

ドライシャンプーという種類のシャンプーを使う方法です。
ドライシャンプーは、日本では「水のいらない」といったうたい文句になっています。
ドライシャンプーを頭髪に数回吹きかけ、頭髪全体に指でなじませます。最後にタオルでふき取ることで、不快なにおいを除去することが出来て、さっぱり感を得られます。

 

この水のいらないドライシャンプーは、いつでもどこでもシャンプーできるということになります。ロッカールームでも、トイレの個室でも、目立たないところでさっとケアしてみても良いですね。

 

ドライシャンプーは常に持ち歩いていることで役立ちます。頭のにおい対策に使ってみましょう。
関連する記事:夏に向けてデオドラント対策を始めよう

 

私が気になる汗とニオイの箇所は足です。
冬の足の汗とニオイの対策には悪戦苦闘しています。

 

どうしても満員電車やエアコンがきつめにかかっている部屋で暑く感じると、足に汗が出てしまいます。また、緊張したときや自動車の運転の後などにも足に汗をかいてしまいます。

 

どこにかく汗も同じですが、自分で制御できないのが厄介なところです。
靴の中の汗はじわじわと湿っていき、時間が経つにつれ、だんだん蒸れてくるのがわかるので余計、不安になります。

 

ブーツを履いているときは特に気になります。
いつもタイツを履いて、ブーツを履いているので、汗やニオイにとっさの対応ができません。

 

一日中履きっぱなしの日は何とかなりますが、途中でブーツを脱がないといけないときなど冷や汗ものです。脱いだ時、汗で床に足跡がつかないように気をつけたり、移動は小走りでしたり、ニオイもごまかすためにフットスプレーをこっそり使用したりと大変です。

 

前もって脱ぐことがわかっているときは、シルクのつま先だけの指ソックスを履いてからタイツを履くようにしています。

 

目的地へ行く前に、足の汗が気になるようだったら、こっそり汗拭きシートで足の指の汗を丁寧に拭いてから、指ソックスだけを履き替えています。

 

そうすることで、汗が原因の足のニオイは軽減することができます。そして、消臭してくれる強い味方のフットスプレーを使用します。
即効性のあるフットスプレーは手離すことができません。

 

ただ以前、フットスプレーをたくさん使い過ぎて、ガス警報器が鳴りだして止まらなくなったというとても恥ずかしい失敗もしているので、こっそりとそして、辺りのものも確認してから使うようにしています。

 

家に帰ると、まずブーツに嫌なニオイが残らないように、ファブリーズを使用して消臭した後、ブーツの長さに合った棒状の除湿剤を入れておきます。

 

あと、同じブーツを毎日履かないように気をつけています。
なぜなら、靴の中の湿り気をある程度とっておかないと、雑菌の宝庫となってしまうと恐れがあるからです。できるだけ二日くらいはあけるようにしています。

 

そして入浴時には、足先をきれいに洗い、湯船にゆっくりつかりながら足の指を丁寧にマッサージするようにしています。これだという対策法がないのが現状ですが、足のニオイは汗に雑菌がついて、それがニオイの元になっていると考えられます。

 

雑菌を少しでも増やさないようにするのが最善ではないかと思い、今はこの対処法でしのいでいます。
足以外にも脇のニオイが気になる方はこちら:ワキガの臭いのコンプレックス

 

私は、鉄鋼関係の仕事をしている現在29才の男性会社員です。
私には、ある悩みがありました。それは体の臭いについてです。

 

自分は結婚をしていて、4歳の子供と妻がいます。
「体が臭い」とよく子供と妻にクレームをいただくことがありました。

 

仕事柄、安全靴を着用してクレーンや機会の組立作業を行っています。
18歳の高卒社員で入社をして、長年その仕事に従事していました。

 

そういった作業を行うことが原因で、自分の体が臭くなったのではと考えていました。
自分と妻が出会ったのは、25歳のときに会社の先輩が開催をしてくれた合コンです。

 

妻は自分のことをいいにおいがする素敵な男性という印象があったようです。
私は、男性の独特の臭みがないと自負していたのです。

 

また、常に男性用香水をつけていて臭いには気を配り、その臭いが妻が好きだといってくれていました。
その言葉が自分にとってほんとに嬉しかったことを今でも覚えています。

 

それが結婚をしてから、妻の口から臭いといわれるとは思ってもみませんでした。
それから、一年ほど前よりボディソープを使用して、頑張って臭いを落とそうと頑張っています。しかし、一向に改善をされることはありませんでした。
特に足が臭いようで、子供と妻から文句を言われることがしょっちゅうありました。

 

会社の同僚にも相談をしましたが、大げさだといわれてへこんでいました。他人事かもしれませんが、自分からすればほんとうに問題だったのです。
汗や体臭のメカニズムなどネットで自分なりに調べましたが、やはり日ごろの生活や食生活に原因があるようです。

 

自分はサバやアジなどの青魚が昔から大好物でした。
健康にもいいので沢山食べていましたが、それが臭いの原因かもしれないと思うようになりました。

 

体臭の悩みは尽きなくて病院にも訪れました。
現在では、自分の体臭を改善するために、一番に食生活を改善しています。

 

なるべく魚は食べないようにしているのですが。
魚の栄養であるDHAなどが必要なときは、サプリメントを摂取するようにしております。
そのおかげでだいぶ体臭はマシになってきたのではないかと思っております。

 

正直、魚が原因かはっきりわかりませんが、日々の食生活や生活習慣などは非常に関係してくると思います。
これから夏に向けて、さらに臭いがきつくなりますので、この記事も参考にして下さい。
夏に向けてデオドラント対策を始めよう