足 汗 ニオイ 対処法

足の汗やニオイが気になる!その対処法とは

私が気になる汗とニオイの箇所は足です。
冬の足の汗とニオイの対策には悪戦苦闘しています。

 

どうしても満員電車やエアコンがきつめにかかっている部屋で暑く感じると、足に汗が出てしまいます。また、緊張したときや自動車の運転の後などにも足に汗をかいてしまいます。

 

どこにかく汗も同じですが、自分で制御できないのが厄介なところです。
靴の中の汗はじわじわと湿っていき、時間が経つにつれ、だんだん蒸れてくるのがわかるので余計、不安になります。

 

ブーツを履いているときは特に気になります。
いつもタイツを履いて、ブーツを履いているので、汗やニオイにとっさの対応ができません。

 

一日中履きっぱなしの日は何とかなりますが、途中でブーツを脱がないといけないときなど冷や汗ものです。脱いだ時、汗で床に足跡がつかないように気をつけたり、移動は小走りでしたり、ニオイもごまかすためにフットスプレーをこっそり使用したりと大変です。

 

前もって脱ぐことがわかっているときは、シルクのつま先だけの指ソックスを履いてからタイツを履くようにしています。

 

目的地へ行く前に、足の汗が気になるようだったら、こっそり汗拭きシートで足の指の汗を丁寧に拭いてから、指ソックスだけを履き替えています。

 

そうすることで、汗が原因の足のニオイは軽減することができます。そして、消臭してくれる強い味方のフットスプレーを使用します。
即効性のあるフットスプレーは手離すことができません。

 

ただ以前、フットスプレーをたくさん使い過ぎて、ガス警報器が鳴りだして止まらなくなったというとても恥ずかしい失敗もしているので、こっそりとそして、辺りのものも確認してから使うようにしています。

 

家に帰ると、まずブーツに嫌なニオイが残らないように、ファブリーズを使用して消臭した後、ブーツの長さに合った棒状の除湿剤を入れておきます。

 

あと、同じブーツを毎日履かないように気をつけています。
なぜなら、靴の中の湿り気をある程度とっておかないと、雑菌の宝庫となってしまうと恐れがあるからです。できるだけ二日くらいはあけるようにしています。

 

そして入浴時には、足先をきれいに洗い、湯船にゆっくりつかりながら足の指を丁寧にマッサージするようにしています。これだという対策法がないのが現状ですが、足のニオイは汗に雑菌がついて、それがニオイの元になっていると考えられます。

 

雑菌を少しでも増やさないようにするのが最善ではないかと思い、今はこの対処法でしのいでいます。
足以外にも脇のニオイが気になる方はこちら:ワキガの臭いのコンプレックス